小部屋型のメリット

生徒も先生も集中できる環境

個別指導のメリットは、先生が自分だけを見て、自分だけのために勉強を教えてくれるということです。何かわからないことがあっても、周りの生徒に気兼ねすることなく、先生に質問をすることができます。変な質問をして友達に笑われたらどうしようと不安になったり、ほかの生徒に遠慮して自分の疑問を解消しないまま、放置ししてしまうこともありません。特に小部屋型の場合には、そこには自分と先生しかいませんから、そうした周囲への心配や配慮に時間や心を割くことなく、自由に質問をすることができます。ほかの先生や生徒の話し声や意外に気になる笑い声やあいさつなどもほとんど気にならないので、自分のやるべきことに静かに集中して時間を過ごすことができます。

恥ずかしいという気持ちがなくなる

積極的に疑問を質問することができる人であれば、多人数授業や大部屋での個別指導でも構わないと思いますが、性格的にシャイであったり、あるいは「わからない」と伝えることに対して大きな抵抗があるお子様の場合には、周りが遮断されている個室のほうが安心して、話をすることができます。先生もほかの先生や生徒と比較することなく、一人の生徒に集中して指導することができますから、思いっきりほめることができます。特に自己肯定感が低めの生徒に対しては、先生という親とは別の立場から、全力でほめることに大きな効果が期待できることがあります。少しオーバーに思えても、個室であれば周りを気にすることはありませんから、自己肯定感を高めるためのフォローが可能です。

冬期講習は、受験生にとっては受験本番に向けてじっくりと復習に取り組める最後のチャンスです。受験生でなくても、一年間の学習の振り返りをするのにぴったりです。

© Copyright Small Private Tutoring School. All Rights Reserved.