小部屋型のデメリット

慣れるまで集中しづらい

勉強ができる子はだれに言われるまでもなく自分から勉強を始めます。そして自分で勝手に勉強モードに入って集中して勉強できるようです。あまり勉強のできない子は親などから言われないと勉強ができず、自宅だと全くしないかもしれません。勉強をする習慣をつけさせたいなら個別指導塾に通わせて勉強のやり方を教わると良いでしょう。個別指導塾にも大部屋タイプと小部屋タイプがあり、子供の性格や現状によってどちらが良いかがあります。小部屋タイプは周りに他の生徒がいなかったり少なかったりして怠けやすく、これまで勉強習慣がなかった子だと集中できるまで時間がかかるかもしれません。たくさんの生徒が黙って勉強している大部屋タイプなら、周りの子につられて集中できる可能性があります。

緊張感が強すぎる環境

子供の中には大人と接する機会があまり少なく、親以外の大人だと緊張したり話せなかったりします。学校の先生ともうまくコミュニケーションが取れない子もいて、できるだけ早めに大人になれさせる必要もあるのでしょう。勉強を教えてくれるところとして個別指導塾がありますが、こちらは大人である講師が子供たちに教えます。大人に慣れている子なら小部屋タイプでも問題なく授業を受けられますが、あまり大人になれていない子だと緊張が強まったりプレッシャーを感じすぎて勉強に身が入らないかもしれません。大人とコミュニケーションをとるのに慣れていないのであればまずは大部屋タイプがある塾を選ぶようにしましょう。大人とのコミュニケーションができるなら小部屋タイプに変更してもよいでしょう。

苦手科目をなくすことは大学受験にとって大切なことですが、それを実現するために大学受験の個別指導を活用することは良い方法だと言えます

© Copyright Small Private Tutoring School. All Rights Reserved.