小部屋型の選び方

生徒の人数で小部屋型個別指導塾を選んでみよう

小部屋型個別指導塾は疑問点をその場ですぐに聞けることで人気です。では、どのように選ぶとよいのでしょうか。まずは、生徒の人数に注目しましょう。
小部屋型個別指導塾と言っても、講師1人に対して生徒の人数が1人から数名と様々あります。人気があるのは講師1人につき生徒が両脇に座る1対2タイプです。講師は1人の生徒が演習を解いている間に別の生徒に教えられるため効率的な指導が行えます。しかも、講師はぞれぞれの生徒にしっかり目が行き届くので生徒一人ひとりの苦手ポイントがわかり、生徒に合わせた学習プランが立てやすくなります。

さらに料金面から見ても、生徒の人数が多くなるほど塾の費用は経済的です。そのため、マンツーマン指導と比べるとリーズナブルになります。ただし、生徒数が多すぎると質問しづらくなるため生徒2人が程よいと言えます。

講師交代OKの個別指導塾を選ぼう

小部屋型個別指導塾では講師と生徒の距離が近いため、集団塾よりもお互いの相性が重要となります。個別指導塾によっては生徒の学習習慣に加えて性格診断を行い講師を決定しています。それでもお互いの呼吸が合わないこともあるため、気持ちよく講師交代してくれる個別指導塾を選びましょう。生徒に対し学習環境に配慮のある塾では勉強に集中しやすくなります。

どのような講師がいるのかを知るためには、体験入学へ行ってみましょう。実際に指導を受けてみることでどのような様子で勉強できるのかイメージがつかみやすいはずです。また可能であれば、複数の塾での体験入学をおすすめします。比較することにより各塾の特徴がわかり、お子様にあった塾が判断しやすくるはずです。

高校受験の個別指導を選ぶ場合には合格率で決める事が最適です。合格率がそのまま塾の評価と考えられます。

© Copyright Small Private Tutoring School. All Rights Reserved.